COLUMN

コラム

  • facebook
  • twitter
  • B!
  • google+
  • pocket
2019.01.21

Google for Jobs -採用活動を行う企業の必要な対応とは-

タグ

Googleは、日本で求人関連事業に参入し、採用に関する検索サービスの「Google for Jobs」を提供開始します。
日本では2019年1月23日に提供開始です。
「Indeedの競合」、「求人事業界の黒船」などと話題を集め、注目されているサービスになります。
「Google for Jobs」を利用するためには、どのような対応が必要かご説明いたします。

Google for Jobsとは

Google for Jobs(Googleしごと検索)とは、Google検索で採用に関するキーワードを検索した際に、検索結果を採用専用エリアに表示される新サービスです。
Google for Jobs採用専用のエリアはリスティング広告エリアの直下に表示され、企業の採用ページや求人媒体サイトのページが表示されます。
インターネット中の求人情報をGoogle検索上で横断しながら、企業の採用ページや求人媒体サイトが閲覧できます。
検索結果一覧に表示されるのであれば、今までと変わりませんが、Google for Jobsは採用専用のエリアでエンリッチリザルトという、
広告のように目立つ表示になるため、採用ページへの流入が増えるというメリットがあります。また利用は無料です。
求職者への認知や求人ページへのアクセス手段の1つとして、採用活動を行う企業様には機会損失にならないためにも対応が必須と言えます。

Google検索で「営業 転職」と検索した際の検索結果
Google検索で「営業 転職」と検索した際の検索結果

エンリッチリザルトをクリックするとさらに候補が表示され、フィルタで求める求人情報を絞り込めます
エンリッチリザルトをクリックするとさらに候補が表示され、フィルタで求める求人情報を絞り込めます

Google for Jobs利用のメリットと利便性

企業側の利用メリット

  • Google for Jobsのエンリッチリザルト形式により目立つことでサイトへ流入させるための手段の1つとなり、アクセス増が見込めます。また無料で使えます。
  • AI機械学習により求める人物像の求職者を引き合わせます。

求職者側の利便性

  • 求職者は、Googleで検索し、求人ページにアクセスするための新たな手段として利用できるようになります。
  • 求人媒体サイトを開く必要なく、Google検索からいろいろな求人サイトを横断して求人情報を検索できるようになります。
  • 求職者が「営業 転職」という大まかな検索後、業界別や地域、雇用形態などのカテゴリでさらにフィルタ絞り込みしていくことで求める求人情報へたどり着きやすくなります。
  • AI機械学習により求職者が求める企業とマッチする可能性が高まります。
  • 会社評価のレビューも同時に確認できます。

Google for Jobsの利用方法

自社採用ページの設定方法

  • Google for Jobsを利用するためには、採用ページのHTMLに構造化データというものを埋め込む必要があります。
  • 構造化データを埋め込むことで、Googleの検索エンジンがこの採用ページはGoogle for Jobsのエンリッチリザルト形式で表示させるサイトということを把握しインデックス登録されます。
  • 構造化データを埋め込まれた採用ページは、インデックス登録され、検索結果のGoogle for Jobsエリアに表示されます。
  • 構造化データを埋め込むページは採用トップページではなく、各職種の採用詳細ページに埋め込みます。
  • 構造化データはコーディングの知識がある方であれば、埋め込む事ができますが、Googleの品質ガイドライン等あるため熟知された方へ依頼されたほうが良いです。

Googleの検索エンジンの仕組をご説明します。ユーザが検索したキーワードにともなって、関連するWebサイトが検索結果に表示されます。それはクローラーというロボットがインターネット上にある世界中のWebサイトを巡って、各サイトがどんな内容か常に動きまわって把握しているからです。瞬時にこのキーワードならこのサイトをというように検索結果に表示させます。ただ、各Webサイトは常に更新されるため、クローラーは常にインターネット上を動きまわり、一定の頻度で各Webサイトが更新(新規ページ作成、既存ページ更新、既存ページ削除)されていないか確認しに来ています。クローラーがWebサイトに訪れ、サイトの存在や内容を把握する事をインデックス登録されるといいます。Google for Jobs対応のサイトにするためにはまず既存の採用ページに構造化データを埋め込みます。そうすると改めて採用ページにクローラーが訪れた際に、Google for Jobsの構造化データが埋め込まれた事を認識し、Google for Jobsのエリアに表示されるようになります。

求人媒体サイトの設定方法

  • Google for Jobsに対応した求人媒体サイトであれば、掲載するだけで検索結果のGoogle for Jobsエリアに表示されます。
  • Google for Jobs対応求人媒体サイトは今後増えていきますが、デューダやマイナビスタッフ、エン派遣などが対応しています。

求人媒体サイトへ掲載されている自社の求人広告ページがGoogle for Jobs対応されているかを確認する方法があります。
以下のGoogleが提供する構造化データテストツールにアクセスし、URLを入力、テスト実行ボタンを押します。
検出欄に「JobPosting」という項目がでれば、その求人媒体サイトにはGoogle for Jobsの構造化データが埋め込まれています。
https://search.google.com/structured-data/testing-tool

検索エンジン対策も必要

上記検索結果の画像を見てもわかるように、Google for Jobsのエリアには3サイトしか表示されていません(クリックすると100件以上の求人ページが一覧表示されます)。
Google for Jobsのエンリッチリザルトで表示させるエンリッチ検索は、Google検索のランキング アルゴリズムが適用されています。
枠内に表示させたり、一覧の上位表示をさせたりするには、採用ページに構造化データを品質ガイドラインに準拠したかたちでコーディングする必要があります。
そうする事で、Googleが採用ページを上位にランク付けしてくれます。
自然検索の上位表示をさせるSEO対策というものがありますが、それと同じようにGoogle for JobsにはGoogle for Jobsのエンリッチ検索用の検索エンジン対策が必要となります。

エンリッチ検索のランキング アルゴリズムに評価されるために

  • Googleが推奨する求人情報の記載項目が多いこと、特に給与額が記載されている採用ページは評価されます。またフィルタで絞り込まれた際に記載項目が多いことで、表示されるケースが多くなります。

構造化データコーディング例

Google for JobsとIndeedの違い

  • Indeedは求人専用検索エンジンで、求人媒体としての機能もあります。Google for Jobsは媒体機能はなく求人ページを横断的に検索できるサービスです。
  • Indeedは検索エンジンのため登録しなくても自社の求人ページが表示されますが、確実に掲載するには登録が必要です。Google for Jobsに表示させるには自社が持つ採用ページに構造化データの実装が必要です。
  • Indeedは上位表示させるには広告費が必用です。Google for Jobsは広告機能はないため、エンリッチ検索対策で自力の上位表示をさせる必要があります。
  • Indeedは採用ページ作成機能があります。Google for Jobsでは採用ページを作成する機能は提供されていません。
  • Google検索した際に、Google for Jobsの方がIndeedより上位表示になります(検索結果がGoogle for Jobsエリアの方が、自然検索エリアより上に位置するためIndeedページより上位に表示)。
  • Indeedはアクセスログデータ(検索キーワード、表示回数、クリック数等)を取得可能です。Google for Jobsは広告ツールではないので、データ取得サービスは行っていません。

Google for Jobsの今後の展望

Google for Jobsには広告機能はなく収益はありません。
今後は採用管理システムの「Google Hire」(求職者応募管理や連絡、面接日時管理機能等の有料サービス)と連携しサービスの利便性を向上させ、包括的な求人事業を展開していくと考えられます。

おわりに

2019年1月現在のところGoogle for Jobsのクローラーは3日単位ぐらいで動いています。
求人案件の掲載、不掲載をすぐに反映させたい場合、自然にGoogleのクローラーがクローリングするのを待っていられないことがあると思います。
その場合、Googleへリクエストを行うことでクローラーに採用ページのURLを見るように促し、早くインデックスさせることも可能です。
採用ページをクローラーに読み込ませる方法やGoogleの品質ガイドラインに沿った構造化データの実装に熟知した制作会社に依頼することをおすすめいたします。

サービスに関するご相談・お問い合わせ

実績や各種サービスに関するご相談やお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

  • facebook

  • twitter

  • B!

  • google+

  • pocket

この記事の著者

マイクロウェーブ広報室

マイクロウェーブ広報室

マイクロウェーブの広報室メンバーです。
今話題になっていることや、注目していることなど配信していきます。

一覧に戻る