SERVICE

サービス

セキュリティ診断・ペネトレーションテスト

マイクロウェーブでは脆弱性を洗い出す脆弱性診断(セキュリティ診断)から、サイバー攻撃にどれくらい耐えられるかのペネトレーションテスト、またセキュリティ改善実施まで行っています。「ペネトレーションテスト」とは自社のWebサイトやシステム、アプリ、ネットワークに対して、故意に擬似的なサイバー攻撃を行い、侵入されないか検証する手法です。ペネトレーションとは浸入という意味で、外部からセキュリティをくぐり抜けられるか侵入テストを行います。セキュリティガイドラインに沿ってレベルを網羅的にチェックする脆弱性診断に対して、ペネトレーションテストはハッカーの改ざんなどの目的を達成されないかを疑似的に試してセキュリティレベルをチェックします。脆弱性診断を実施してセキュリティを担保させた後に、ペネトレーションテストを実施してセキュリティ対策は大丈夫かテストすることをおすすめしています。また進化するサイバー攻撃を防ぐためにも定期的に実施することをおすすめいたします。


企業を脅かすセキュリティの脆弱性

企業を脅かすセキュリティの脆弱性
デジタル化やEC事業への参入が進み、アプリケーションやクラウド型サービスを導入する 企業が増えるにつれて、情報漏えい等のセキュリティ被害も急増しており 社会的な信用問題に関わる重大なセキュリティインシデントに繋がっています。 また、時代的変化によりテレワーク化も進む中で様々な環境でのセキュリティ対策が必須となり 次々と生み出される新たな脅威や脆弱性の問題にも随時対応しなければなりません。
ひとたび情報漏洩がおこれば、損害賠償金の発生など経営的被害も大きく 企業では利益向上を目指す攻めの戦略とともに、社会的信用や資産を維持する 守りの戦略である「セキュリティ対策」は必須であるといえます。

脆弱性が放置された場合に懸念されるセキュリティ上の問題点

  • データベースの攻撃

    SQLインジェクションと呼ばれるデータベースの脆弱性をついた攻撃方法などで顧客情報や従業員情報、学生情報などデータベースの個人情報やログイン情報が流出し、不正ログイン、インターネットバンキング、クレジットカード情報の不正利用などの被害にあう可能性が高くなります。

  • Webサイト改ざん

    Webサイトの脆弱性を放置すると、入力フォームなどに不正なプログラムを埋め込み、入力内容を本来とは違う場所に送信させてしまうといった、クロスサイトスクリプティングといった攻撃やリンクの書き換えなどを行い、本来とは違うページに誘導されて個人情報が流出する被害にあう可能性が高くなります。

  • マルウェア感染

    年々巧妙化する様々な方法でマルウェア(悪意のあるソフトウェア)に感染して情報漏洩や不正操作などをされてしまう被害が発生しております。マルウェアに感染するとネットワーク上の端末にも広がる恐れがあるため、協力会社やグループ会社などにも被害が及び、大きな被害を受ける可能性が高くなります。

セキュリティ診断の手順

  1. セキュリティレベルの診断

    脆弱性診断用に開発された診断ツール「OWASP ZAP」などを利用し、セキュリティレベルを診断します。ネットワークやWebアプリケーションなどの対象範囲を決めて診断をし、必要レベルに達していない部分をあらいだします。内部システム管理者の視点でセキュリティが担保されているかを診断します。

  2. ペネトレーションテスト

    現在のセキュリティ状態を確認したら、お使いのシステムに合わせた攻撃シナリオを作成し、WEBサイトの改ざんなど、実際に侵入が試みられた場合にシステムがどれだけ耐えられるかのテスト(ペネトレーションテスト)を実施します。こちらは外部攻撃者の視点を想定した診断となります。

  3. セキュリティ診断レポート報告と対策

    調査レポートを作成し、脆弱性が発見された場合はセキュリティ対応策のご提案をいたします。ただし、1度のセキュリティ診断ですべて完了ではありません。日々進化する脅威に対して最適なセキュリティ対策とサイト運用をご提案いたします。

ツールを使用した診断

セツールを使用した診断

脆弱性診断ツール(脆弱性診断)

脆弱性診断用に開発された診断ツール「OWASP ZAP」などを利用し、セキュリティレベルを診断します。ネットワークやWebアプリケーションなどの対象範囲を決めて診断をし、必要レベルに達していない部分をあらいだします。内部システム管理者の視点でセキュリティが担保されているかを診断し、SQL インジェクションやクロスサイト スクリプティングなど、最も頻繁に検出される脆弱性を明らかにします。

クラッキングツール(ペネトレーションテスト)

Webサイト改ざんなどの攻撃ができるツールです。調査対象に応じた脅威シナリオを作成し、クラッキングツールを利用して侵入が試みられた場合にどれだけシステムが耐えられるかをテストします。専任技術者(ホワイトハッカー)がツールやテクニックを駆使し、外部攻撃者の視点から疑似的に攻撃を実施することで、セキュリティの弱点をあらいだします。

シナリオと調査レポート

お客様における重要な情報(守りたいネットワーク、システム)などに対して求められる最適なテスト項目、攻撃シナリオを作成します。ツールをなどを利用して実施した診断テストの結果をレポートでご報告します。脆弱性が発見された場合や、必要なセキュリティレベルに達していない場合には対策のご提案をいたします。調査時点で問題が発見されなかった場合でも、定期的なセキュリティ対策をすることで、高いセキュリティを維持するお手伝いをさせていただきます。

強固なセキュリティ診断と世界水準の技術でサイトをガード

マイクロウェーブでは、1000社を超える大規模なWebサイト構築、Webシステム開発を行ってきた経験から、
新規開発のシステムから既存システムや老朽化したシステムまで精度の高い診断を行うことが可能です。
最新のセキュリティに対応できているか、世界水準の対策ができているか、現状を把握するためにもぜひお気軽にご相談ください。

サービス一覧